VIO脱毛して後悔しないために!気をつけるポイント3つ

形をきちんと決めておく

デリケートゾーンはVライン・Iライン・Oラインの3つの箇所に分かれています。IとOは毛を全部なくしてしまう人が多いですが、Vラインの毛は全て処理すると後悔することが多いようです。アンダーラインを無毛状態にすることをハイジニーナと呼び、ハイジニーナは男性の好みがわかれるデザインとなっています。VIOは部分的に照射することにより、ある程度好みの形にデザインできます。定番のナチュラル型や、スタイリッシュなミニトライアングル型、清潔感のあるハイジニーナ型など、どのような形にしたいかしっかりと考えておきましょう。

痛みが強い可能性がある

VIOを自己処理するのはとても大変ですよね。それもそのはず、デリケートゾーンの毛は毛がごわごわしているので、ある程度力を入れないと処理することができません。VIOのように毛が密集していたり、しっかりしていたりする部位は、レーザーが反応しやすくなり、脱毛時に痛みを感じやすくなります。場合によっては、痛みに耐えられずに途中で脱毛を断念することもあるので注意しましょう。痛みが苦手な人は、なるべくVIO脱毛の痛みに配慮してくれるサロンやクリニックを選んだり、痛くない脱毛方法のSHR方式にしたりすることが大切です。

サロンにするのかクリニックにするのか

脱毛を行うサロンとクリニックは似ているようで全然違います。サロンは脱毛時の痛みがマイルドなものの、効果が出るまでに時間がかかります。一方、クリニックは脱毛効果が高いですが脱毛時の痛みを感じやすいという特徴があるのです。クリニックは永久脱毛と呼ばれるほど効果が高いので、毛を残したい人にはあまり向いていない可能性も。自分が脱毛でどのようなものを目指すのか考えながら自分に合っている方法を選んでみましょう。

VIOライン脱毛は痛みを伴うこともあるため、どれぐらいの痛みがあるのかを最初に確認しておくことが大切です。